福岡城散策マップ

1:大天守

福岡城

福岡城天守は大・中・小連立天守の構造(※)で、大天守は佐藤正彦氏の想定復元案によれば、天守台と礎石の実測や同時期の同規模城郭の検討から、5重(屋根の数)、6層(階)、地下1階で、石垣天端上の高さ87尺(約27m)で、白漆喰壁に腰下見板張の「黒の天守」を想定している。

※一部の文献記録から、「大天守」「中天守」「小天守」が江戸時代初期には建っていた可能性があるが、これについては現在論争中。

福岡城MAPへ戻る

▲このページの上へ