お知らせ

第12期福岡歴史観光市民大学 2019/7/03

添付画像
7月1日から第12期福岡歴史観光市民大学が始まりました。

受講式のあと、初回の講義「アジアのなかの港町(こうし)博多」というタイトルで
九州大学の伊藤幸司先生にお話ししていただきました。
11世紀から16世紀ごろ、博多のまちや商人はどんなふうだったのか、貿易港としての地位は、
など詳しい解説に、引き込まれました。

来週は、山笠がテーマです。

▲このページの上へ