福岡城・鴻臚館って何?

福岡城について(国史跡)

 慶長5年(1600年)の関が原の戦いで徳川側の戦勝功労大なりとして、黒田家は豊前中津十二萬三千石から五十二萬三千石の大守となって筑前の国へ移封された。黒田如水・黒田長政親子は、博多湾の中央部にあった福崎の地に、慶長6年(1601年)から7年の歳月をかけて、城地総面積約800,000m2(約240,000坪)の平山型の巨大な城を築城した。今日も展望の素晴らしい天守台をはじめ、本丸・二の丸・三の丸と城郭全体の姿を残している。戦略性に富んだ複雑な石垣の上に、往時、四十七櫓と十指に及ぶ諸門があった。

 天守閣については存在しなかったという説があったが、近年最初の10数年間存在したという説が出ている。草ヶ江の入り江を利用した大濠を含めた内堀を周囲にめぐらせ、さらに北は博多湾、南は赤坂山で守られている。鶴が羽を広げた形に似ていることから、別名、舞鶴城とも言われ、同時に東西7キロ、南北3キロの広大な城下町が建設され、この時福岡の地名も誕生した。黒田家11代、270年間、続いたが、明治以降陸軍の管轄になり、城地はそのまま温存されたが、建築物は大半が撤去された。昭和32年(1957年)以降、国史跡に指定された。近年、石垣整備や天守閣を含め城郭建物修復再現に向かっての気運が高まっている。

福岡城復元模型写真等(現存しない建築物の想定図)について


 日本建築学会の第一人者、早川正夫氏指導の作品で、城郭全体を精密に縮尺四百分の一で、約9㎡の大きさにまとめたもので、現在、福岡城跡前、明治通りに面した新日本製薬(株)ビルの玄関内ロビーに展示されている。

▲このページの上へ